愛知県安城市の歯科医院(歯医者)加藤歯科医院/インプラント・審美歯科・歯周病治療・矯正歯科などは安城市の歯科医院(歯医者)加藤歯科医院へ

安城市 イプラント
金属アレルギー外来
愛知県安城市の加藤歯科医院 > 金属アレルギー外来

金属アレルギーの方に安心の治療「ノンメタル治療・メタルフリー治療」
加藤歯科医院では、金属アレルギー予防のためにも、ノンメタル治療・メタルフリー治療をお勧め致します。
なぜなら、金属アレルギーは、非常に恐ろしい病気だからです。

  • ・全身のアレルギー疾患を引き起こす可能性がある。
  • ・数日で発症する人もいれば数年経ってから反応する人もいる。
  • ・一度発症すると一生治らないと言われている。

などが挙げられます。

そもそも、金属アレルギーとは、接触皮膚炎のことです。
金属アレルギーの原因を多くの方が「金属」が原因と勘違いされているようですが、実は「金属」自体でアレルギーは起きません。
「金属」と体内のタンパク質が結合した物質「アレルゲン」 が原因で発症します。
つまり、どの金属でも金属に触れている以上、アレルゲンになる可能性はあり、「この金属は絶対アレルギーにはなりません!」という金属はありません。

しかしながら、「金属アレルギーを引き起こしやすい」と言われている金属は存在します。
その金属とは、「溶け出しやすい金属」が該当します。溶けだしやすい順で例をあげると
水銀、ニッケル、コバルト、スズ、パラジウム・・・と続きます。
逆に、「溶け出しにくい金属」は、チタン、プラチナ、金・・・と続きます。
その為、インプラント治療で、チタンが使われている理由もわかって頂けると思います。
いずれにせよ、金属を触れない、使わないが一番良いことには、変わりないのですが、人間が生活をする上で、金属を使用しないことを避けることは、できません。なぜなら、化粧品や食品にすら含まれているからです。

だからこそ、対応できる部分については、極力金属を使用しない方が良いのです。
今日、日常の歯科治療で使用される金属材料が原因で生じるアレルギー性接触皮膚炎も問題となっています。
なぜなら、金属の詰め物・被せ物・入れ歯などには、アレルゲンとなりうる金属が使用されているからです。金属を使用した詰め物、被せ物を装着していると、その金属が溶け出し、先に説明したアレルゲンが原因で金属アレルギーを発症する可能性があるからです。

もちろん、口腔内金属だけでなく、金属アレルギー発症の因子は、ネックレス、ピアス、ヘアピン、髪飾り、眼鏡フレーム、化粧品などもあげられますが、「体内に金属を入れないようにすること」が予防に繋がるので、もし、口腔内に金属を使用している場合は、金属を使わない治療ノンメタル治療(メタルフリー治療)をお勧め致します。

ノンメタル治療・メタルフリー治療とは、銀歯等の金属を使わず行う治療のことです。
最近では外から見える部分の治療には、できるだけ歯の色に近いセラミックスやハイブリッドを使うようになってきました。
審美性だけでなく、金属アレルギーやガルバニー電流を生じないため、健康にもよい材料です。

前歯だけでなく、見えにくい奥歯も治療が可能です。歯とほぼ同じ硬さで、自然な咬み合せも自然です。
以下は、当院にてメタルフリー治療を行われた症例です。
虫歯治療のボーダーライン 口を開いた際に、審美的にも気にされていた金属の部分がなくなり、患者様は非常に喜ばれておりました。

上記のように、安城市の歯科医院(歯医者)加藤歯科医院では、セラミックなどを用いたノンメタル治療・メタルフリー治療対応が可能な歯科医院ですので、金属アレルギーの方は、是非、当院へご来院下さい。

また、「アマルガム水銀」を使われている歯がありましたら、除去することをお勧め致します。
なぜなら、アマルガムの約50%は水銀です。水俣病の原因となった重金属です。

水銀の毒性のメカニズムは、
・極めて少量で神経生成に影響する(神経毒性が強い)
・酵素反応を邪魔する
・ミネラル輸送を障害する
などが挙げられます。

歯科材料で使われたアマルガムは3年以内に劣化し始め、10年後には総重量の約73%が減少すると分かっており、アマルガムは口の中で腐食し続けて水銀が体内に吸収されているということになります。
アマルガムから水銀が溶けだすのは、2つのルートがあり、ひとつは唾液が電解液として作用し電流が流れることによって溶出します。もう一つは咬むときに生じる摩擦による熱や、熱い食べ物や飲み物によってアマルガムに含まれている水銀が蒸発します。

水銀は地球上の生物に蓄積する持続的毒性の高い毒物であるため、 現在、あらゆる医療から水銀使用を撤廃しようという動きがあり、対象は、体温計、ワクチン、消毒剤も含まれております。

そのため、安城市の歯科医院(歯医者)加藤歯科医院では、もしお口の中にアマルガム水銀がある場合は、積極的に取り除くことをお勧め致します。最先端の金属を使わない治療は、オールセラミック治療になります。
以下に、オールセラミック治療について掲載しておりますので、是非、併せてご確認下さい。

オールセラミック治療について

オールセラミックは、金属を全く使わない最新の治療方法です。
最新技術によって生まれたオールセラミックは、生体親和性の高いセラミック材料を使用した素材で、色や輝きは天然の歯と見分けることができないほど自然です。 また、その美しさは時間が経っても変わりません。
(※食生活やお手入れの状態によって変化することがあります。)

オールセラミックは、お口の中のどの部分にも様々な形で対応することができ、金属を使わないので、歯茎が黒くならず、金属アレルギーを引き起こしにくい素材です。
オールセラミック治療についてただし、オールセラミックは、保険外治療となります。

なぜ保険外治療になるかというと・・・
プラスチック製のお皿やタッパは、使っていくと黄ばんだり、透明感がなくなったり、ザラついたりしてきます。
そのため、普段私達が使うお皿は、プラスチックを使わずに陶器(セラミック)を使います。
歯の治療でも、保険ではプラスチック製をつかいますが、より良い治療をご希望の方には、セラミック製をお薦めしています。

今までのセラミックは強度がなく、歯の治療に使う場合、金属による補強が必要なため、セラミックの利点を100%生かせていませんでしたが、セラミック技術の進歩により、全てをセラミックで治療する方法「オールセラミック」が可能になりました。

セラミック治療をご希望の方は、是非、安城市の歯科医院(歯医者)加藤歯科医院へご来院下さい。

インプラント・審美歯科・歯周病治療・矯正歯科などは安城市の歯科医院(歯医者)加藤歯科医院へ

安城市の歯科医院(歯医者)加藤歯科医院では、患者の皆様に安心して、安全に治療をお受け頂けるように最先端の設備はもちろん、滅菌対策なども万全に施している歯科医院(歯医者)です。治療技術面におきましても、インプラント治療、矯正治療をはじめ歯周病治療、口臭外来等あらゆる診療が可能ですので、歯のことで何かございましたら、安城市の歯科医院(歯医者)加藤歯科医院へご来院下さい。

愛知県安城市の歯科医院(歯医者)加藤歯科医院/インプラント・歯周病治療・矯正歯科など歯のことは加藤歯科医院へ

    加藤歯科医院運営サイト
  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 歯周再生治療
  • インプラント治療
  • インプラントの比較
  • ホワイトニング
  • 審美歯科
  • マタニティ歯科
  • 小児歯科
  • 矯正治療
  • 噛み合わせ治療
  • レーザー治療
  • 予防歯科
  • 歯科ドック
  • 金属アレルギー外来
  • 口臭歯科外来

愛知県安城市の歯科医院(歯医者)加藤歯科医院

    加藤歯科医院運営サイト
  • 安城市 インプラント
  • 安城市 歯科衛生士 歯科医師求人
愛知県安城市の歯科医院(歯医者)加藤歯科医院